クリームチーズはスプレッドチーズ以上のものです - Quescrem

クリームチーズはスプレッドチーズ以上のものです

冷蔵庫を開けば、恐らくクリームチーズの箱が入っているかもしれません。さまざまなタイプのクリームチーズがあり、トーストスプレッドやサラダのディップとしても使われているかもしれません。恐らく、焼き菓子づくりを楽しんだり、ケーキとデザートで使っているかもしれません。使い方にかかわらず、クリームチーズがどのように作られているか考えたことはありますか?この記事では、クリームチーズがどのように作られているか、またチーズの様々な活用方法についてご紹介します。

では、まず始めからスタートしましょう。クリームチーズとは何でしょうか?また、どのように作られるのでしょうか?

答えは、その名前にあります。外皮(クラスト)のない、クリーミーで塗り広げやすいチーズです。フレッシュな白いチーズで、マイルドでやや酸味があります。保存は冷蔵庫で、通常箱形です。

牛乳とクリームから作られたわずかに甘いチーズであり、クリームチーズより脂肪分が高いマスカルポーネのように、他のクリーミーなチーズと混同しないようご注意ください。さらにリコッタやコテージチーズとも異なります。これらは乳漿と牛乳から作られ、クリームチーズのような酸味はありません。最後に、スーパー・マーケットではクォークあるいはフロマージュブランという名前の柔らかいチーズも売られていますが、クリーミーな生地ではあるものの、クリームチーズのようなコシのある質感ではありません。さらに、新鮮なチーズ特有のミルク風味があります。

クリームチーズはすべて同じでしょうか?いいえ、それぞれが異なる材料や異なるプロセスで作られています。ほとんどのブランドは、低温殺菌した牛乳、防腐剤および安定剤を使っていますが、異なる材料や異なるプロセスで、さまざまな風味・機能性を備えたクリームチーズが作られます。

例えばクリームチーズを作るために、Quescrem(ケスクレーム)では、最も素晴らしいミルクおよびクリームに加えて、バターミルクを使用しています。バターミルクは、非常に栄養と風味、機能特性に優れた成分です。したがって、高い生物栄養価を持つこの食材で、安定した質と、優れた風味および生地を備えた製品が生産されます。

伝統的なクリームチーズはどのように作られますか?

Quescrem(ケスクレーム)では、クリームチーズには、新鮮な最高品質の、地域を支援する地元の材料を使用しています。さらに、出荷の準備ができるまで、私たちはすべてのディテールに目を配ります。伝統的なクリームチーズは主に5つのステップでシンプルなプロセスで作られます:

材料

ミルク、クリームおよびバターミルクは、倉庫の中で荷ほどきの前に徹底的な品質管理が行われます。

混合

主要材料をタンクに入れ、異なる分量で混合し、製品に必要な質感が得られます。

低温殺菌

ミックスの漉し後、味や栄養上の特性を変えずに、食品安全性を保証するために、熱処理を適用します。

発酵

低温殺菌後は、ラクトーゼを乳酸に転換するために乳酵母を加え、クリームチーズのその特有の酸味を与えます。さらに、このプロセスはチーズのpHを下げ、より安定させます。

漉し

発酵の後は、再び凝乳を絞って水分を飛ばし、堅さを加え、栄養素が凝縮されます。ナチュラルクリームチーズは、これでパックする準備ができています。

私たちのクリームチーズは、食品安全性、味の特質および機能特性の点から、品質必要条件すべてに遭遇することを確かめた後、原料の到着およびプロセスのスタートから、およそ24時間後に出荷準備ができます。

1つの食材、多くの用途

トーストに塗ることに加えて、クリームチーズは、食材として非常に用途が広く、実際にほぼあらゆる調理に使えます。辛口・甘口料理の両方に合います。次のセクションでは、クリームチーズ・サンドイッチを越えるさまざまな料理をご紹介します。

甘口・辛口のペストリーのクリームチーズ

フロスティングとフィリング。非常に一般的な用途の一つです。トッピング、フィリング、およびクリームチーズで作られたケーキおよびカップケーキ装飾などは、非常に安定し、シルクのように滑らかです。さらに、非常に簡単においしい酸味が加わります。

チーズケーキ。クリームチーズに砂糖と卵と混ぜたシンプルな基本レシピは、世界で最もポピュラーなケーキのうちの1つになりました。チーズケーキには、ベイクドチーズ、レアチーズ、スポンジ、ムースなど無数の種類があります。またニューヨーク・チーズケーキのように、世界中で知られているものもあります。その他、日本のチーズケーキのように、何度も繰り返して模倣されたものもあります。どんなところがいいのでしょう?エキスパートでなくても、誰でもおいしいチーズケーキを作れます。

アイスクリーム。クリームチーズを主な材料に使うことで、クリーミーなアイスクリームを作れます。そのままでも、また果物、ナッツ、香辛料あるいはチョコレートを加えることもできます。脂肪分と蛋白質含有量から、非常になめらかで絹のような生地と、おいしい風味が得られるため、アイスクリームに理想的な食材です。

ムースおよびフォーム。クリームチーズをこの種のレシピに加えることによって、多くのゼラチンあるいは他の増粘剤および安定剤を使用せずに、非常に安定した生地が作れます。上質のクリームチーズはさらにムースやフォームをうまく作ることができます。

料理にクリームチーズを使用する

パテ。クリームチーズをスプレッドやパテで使用することで、風味と生地であらゆる可能性が開けます。クリームチーズは、生地の結合性を高め、また独特のミルクの風味が加わります。想像力をはばたかせて、ゲストを驚かす様々な手製のパテやスナックを作ってみませんか。

生地。クリームチーズは、ケーキやタルトのシンプルな飾りつけ材料を越える、風味を増してくれる優れた食材です。特に、フォカッチャまたはキッシュ・ロレーヌのような塩味のレシピでおすすめです。フリッターやクラシックなスパニッシュオムレツのような卵生地につかうことで、よりコクが出てしっとりとします。

生地フィリング。クリームチーズを使ったクロワッサンやデニッシュのフィリングは、コクと風味に優れています。

ソース。クリームチーズを溶かすことで、野菜、柑橘類、香辛料、およびあらゆる調理食材とあわせて、シルクのようになめらかで非常に幅広い用途の食材として使えるようになります。すべてのタイプのパスタ・ソース、あるいは野菜、魚および肉で、クリームあるいはバターよりも低脂肪の代わりとして使えます。

フォンデュ。伝統のスイスの料理は多くのバージョンがあり、最も手軽な方法の1つはクリームチーズです。

スムージー。クリームチーズを果物や野菜のスムージーに加えると、よりクリーミーになるだけではなく、栄養価も高まります。

クリームチーズをさまざまな調理に使う方法をお読みいただいたあとで、さらに多くの発見を試してみてください。

あらゆる好みおよび食事にあったクリームチーズ

最近では、多くの種類のクリームチーズが出回っており、スーパー・マーケットの消費者、専門シェフ、および食品産業の両方で使われています。

クリームチーズはそれぞれ特定の特性および風味にあわsて、さまざまな生産工程にあわせて調整できる、食品産業の重要な成分です。食品産業では、最終消費者の要求にあわせた付加価値を製品に追加するため、クリームチーズを必要としています。

私たちは、レギュラー・クリーム・チーズから始めて、現在では、広範囲の機能を備えたチーズ、また高品質クリームチーズを提示しています。この最初のフォーミュラから、通常のクリームチーズより低脂肪分でカロリーが40%低い、ライト・クリームチーズがすぐに作られました。またラクトースフリーの食事制限用のバージョンも生まれました。さらに、食品安全性への意識の高まりを受けて、ガリシア産の新鮮な有機牛乳(GMO作物と人工添加物不使用)を使った、オーガニッククリームチーズを作りました。

またよりよく調理に適し、ホテルやレストラン、仕出し、ペストリーの業務のニーズにあわせた、独自の製品が作られました。こうした必要に応じて、私たちは、業務用キッチンで無駄を削減できる、さまざまな料理技術(揚げ調理や冷凍可能)に対応した、高機能クリームチーズを開発しました。私たちのブランドには、レギュラー・クリームチーズに加えて、濃厚でより堅い生地を持つ、アメリカ風の「オリジナルレシピクリームチーズ」もあります。「Quescrem(ケスクレーム)プラス」は、扱いやすく、超低温/高温に対する高い抵抗性を持ち、調理中の無駄を削減するために開発されたクリームチーズです。私たちの調理用のヨーグルトはクリームチーズに似て、濃厚で安定した生地を持っており、他の食材と混合してもそのヨーグルト風味を失いません。さらに、マンチェゴチーズ入りクリームチーズ(マンチェゴ P.D.O.チーズ50%使用)や、ヤギ乳チーズログ入りクリームチーズも開発されました。これはクリームチーズのすべての特長に加えて、伝統的なチーズ固有のコクや風味を兼ね備えた商品です。

さらに最終消費者のニーズにこたえるために、小売り用クリームチーズ製品も拡張されました。これは、「ガーリック・ハーブ入りクリームチーズ」や、「ピンクペッパー入りクリームチーズ」のように、風味付きクリームチーズが含まれます(既に言及された「ケソ・マンチェゴ入りクリームチーズ」、あるいは「ブルーチーズ入りクリームチーズ」もあります)。さらに私たちは、ヤギ乳チーズのすべての風味および栄養上の利点を備えた、ヤギ乳で作られた使いやすい箱形クリームチーズを提供しています。

そして最後に、Quescrem(ケスクレーム)クリームチーズの幅広いシリーズには、新商品がいくつか加わっています。Smart Food (スマートフード)シリーズには、2つの新鮮なチーズがあります: Grilling   (グリル用) と「+PRO」(+プラス プロ)(無脂肪、ラクトースフリークリームチーズ) 2種類のフレッシュチーズがあります。そして2つのクリームチーズ:その一つ、「+PRO Light(+プラス プロ ライト)」は、タンパク質をより多く含み、かつ低脂肪のクリームチーズです。アクティブなライフスタイルで、タンパク質を強化しつつ、脂肪の摂取は抑えたい方のために作られています。もう一つの「子ども用レギュラー・クリームチーズ」は、鉄分とカルシウム摂取を増やし、おいしい風味で小さなお子様の成長をサポートします。

まとめとして…

様々な種類のクリームチーズがありますが、それぞれが異なっています。豊富な栄養価を加える最高品質の材料に基づいて、製造工程のすべてにこだわるメーカーは、最終製品にも違いを生み出します。