完璧なデザートを作るには -

完璧なデザートを作るには

特に自炊ではなく外食の場合、ほとんどの人がデザートの甘い誘惑に抵抗できません。デザートはどんなレストランでもポピュラーなメニューです。さらに、デザートは平均でメニューの全料金の10%のみであり、メニューの利益率を挙げる意味でも期待されています。

最後の一皿であるため、第一印象もあとに残る印象も、全体的な満足度の確立にとって重要です。すべては、よい印象とリピート顧客作りに寄与します。おいしいデザートだけでは保証できるものではありませんが、顧客ロイヤリティ構築を支援します。忘れられないデザートのヒントをお教えします。

デザートのコンセプト作り

おいしいデザートを作るには、差別化コンセプトが重要です。食事客を驚かし、リピートしたくなる、さまざまな味と香りの宇宙へ連れて行くような風味を追加する必要があります。

革新は伝統と対立せず、クラシックな風味も、新しいコンセプトがあれば喜ばれます。多くの場合、必要とするのは現在のトレンドにあわせて古いレシピを適応させることです。健康的なデザートは現代のお気に入りとなっています。香辛料を使い、より低糖度のメニューがおすすめです。さらに、甘口と辛口の融合により、オリジナルで豊富な風味を作ることができるでしょう。

最高品質の食材

食材はほとんど無限の数から選べますが、理想の結果を達成するためには、必ずしも希少な製品を使用する必要はありません。シンプルな食材から始めて、適切に組み合わせ加工することで、驚くべき結果を得ることができるのです。人を驚かせ引きつけることができるよう、芳香と質感、風味および色のバランスを見つける必要があります。

デザートでは、最高品質の食材がおいしい結果に重要であり、互いを補足する食材の注意深い選択が求められます。そこで業務品質を達成できる官能・機能持性がある製品を使うことが重要です。クリームチーズは多くの甘いレシピで非常に一般的な材料です。したがってQuescrem(ケスクレーム)の幅広い製品系列は、特に独立ホテル産業とケータリング向けに設計されています。

デザートを作る場合、季節の食材も重要な役割を果たします。異なる季節にあわせて準備することで、同じレシピも大きく変わります(クリ、ラズベリー、ブラックベリーのチーズケーキなど…)。これによって、より新鮮で、クライアントに付加価値を提示する限定商品を提示することもできます。

異なる次元と質感

風味に加えて、質感も、デザートがどのように知覚されるかについての重要な役割を果たします。一口ごとに洗練された体験を提示できおるよう、異なるテクニックを使って、異なる質感を達成します。デザートで最も一般的なものは次のとおりです:

  • クリーム。クリーム、ミルクあるいはクリームチーズで作られた製品はそのままでもデザートになります。またカードあるいは液体クリームとして食材にも使われます。
  • クランチ。これらの食材は、食べやすく口触りがよく、しばしば新鮮な風味に関連付けられます。質感と音の両方が、楽しい感覚を引き起こすことが証明されています。デザートには、適切な量のサクサク感を含める必要があります。
  • フォーム。フォームの空気は、芳香を増強します。乳化食材を使用することによって、冷たい料理も熱い料理にも、コンシステンシーを調整して提供できます。
  • ゼリー。健康的で自然なタンパク源であり、ジュースあるいは果物ピューレ、アルコール飲料を使えば、無脂肪のメニューが作れます。ゼリーはコンシステンシーと安定性を加えます。冷たい料理も熱い料理にも、液体をゲル化する食材はさまざまなものがあります。
  • アイスクリーム。アイスクリームとシャーベットは多くの場合料理のスターで、温度と質感で遊ぶことを可能にしてくれます。
  • ソース。デザートの主な食材の風味を増強し、しっとりとした食感を加えます。

異なる質感の組み合わせは、各デザートに、食事客を喜ばす異なるディメンションを与えます。必要とするバランスを達成するまで、いろいろ試してみましょう。

クリエイティブな盛り付け

現在のトレンドは、シンプルなもので、エレガントでありつつ、華美ではないプレゼンテーションです。色、風味および質感をすべて調和させ、集めて、バランスのとれた結果を示すために、プレート盛り付けも重要でです。シェフのプレーティングで驚くべきプレゼンテーションを作成するために、常に次のことを心に留めてきおましょう。

  • バランス。調和を得るためには、各食材の特性、形、色、質感および風味を考慮する必要があります。デザートを構築する異なる要素は、並べることも、縦に重ねることもできます。
  • ユニット。まわりの他の要素を強調し統合するような、統一感のある並べ方が求められます。
  • 高さ。デザートをより魅力的にする構成の高さや、レリーフや形を強調する方法を試してみましょう。
  • 焦点。これは注意を集め、まわりの他の食材を整え、プレートを組み立てる場合ガイドとして役立つものです。
  • 流れ。食事客の視線をガイドする構造全体の動線です。対称的なプレゼンテーションを選んだ場合、両側に同じ重みでバランス感覚を与えます。他方では、非対称のプレゼンテーションを選ぶ場合、異なる要素の違いを利用します。

デザート作りで、これらの考えを最大限に利用するために必要とするただ一つのものは、創造性とテクニックです。デザイン、食材、プレートのイノベーションは無限ですが、デザートの風味が最も重要なものであることは、忘れることができません。異なるアイデアを捜す場合は、ウェブサイト上でさまざまなデザートレシピを見つけることができます。創造的に試してみましょう!